お金を貯める

服を買わない生活は節約になる【おしゃれも十分楽しめます】

服を買わない生活は節約になる【おしゃれも十分楽しめます】

私は滅多に服を買いません。
流行を追わず服を買わない生活は節約になるので蓄財したい人にはおすすめです。

流行に乗らない定番の服を買って長く大切に着ればおしゃれも十分楽しめますよ。

実際年間どれくらい服にお金をかけるのか、計算してみたのでご紹介しますね。

服を買わない生活は節約になる

私は毎シーズンごとや毎年ごとに服を買いません。

以前はアパレル関係だったこともあり、おしゃれは10~20代のころにこれでもか!というほど楽しんだので今は流行は追わず、流行に乗らない自分の定番スタイルの服を長く大切に着るように心がけています。

その結果シーズンごとの服は必要なくなり、服を買うのは今持っている服がボロボロでダメになり買い足す必要が出た時のみ。

そんな生活をしているので、改めて調べてみると前回服を購入したのは3年前でした。

ライフスタイルも会社勤めでも学生でもないので、必要最低限の服しか必要ないんですよね。

なので基本自分の分の被服費はなしで生活しています。

仕事で服をもらうこともあるので、その点は助かっていますね。

服を全然買わなくておしゃれが楽しめるの?

という声が聞こえてきそうですが、全然楽しめます。

ようは自己満足の世界なので、自分が満足できていればOKなんですよね。

服は直しながら大切に着て、最終手段として買う

我が家では基本的に服は破れるまで着て、破れても直せるものは極力直して着るようにしています。

服を買うのは最終手段で、直しようがないほどボロボロになってしまったときか、直してもまたすぐにダメになってしまうような時。

どうしたらいかに長く着ることができるのか、買いなおさずに使い続けることができるのかを夫婦で考えています。

先日も毎日のようにヘビロテしていたパンツ2本が破れてしまったのでユニクロでパンツを買い足しました。

服を買わない生活は節約になる【おしゃれも十分楽しめます】

破れたうち1本は裏から接着芯を張ったら全くわからなくなったのでもう少し履けそうですが、もう1本のデニムは股下からびりびり~っ!と激しく破けてしまったので残念ながら破棄することに。

直したもう1本も寿命は残り少なそうなので、その分も合わせて買い足しました。

服を買わない生活は節約になる【おしゃれも十分楽しめます】

3本買って、夫がアプリクーポンを取得してくれたのでお値段は合計4770円でした。
これでまた3年以上は確実に服を買わずに過ごせるので安いものです。
(ただし靴下や下着類は買いなおしています。)

服を買わない生活は節約になる【おしゃれも十分楽しめます】

特にこのデニムは1290円で買えたのでとてもいい買い物ができました。
シルエットもとってもかわいくて気に入っています。

下着類を入れると別ですが、3年間で使った自分用の衣服費は4770円。

1年あたり1590円なので安いものですね。

ちなみに夫も自分の服は直しながら大切に着ています。

私より器用なので自分で縫ったり、染め直したりしていますね。

以前はボロボロになるまで着倒すなんてことはなく、そうなる前に流行遅れになってしまったり、飽きてしまって着なくなることが多かったのですが定番スタイルの服中心に変えてからは1つの服をとことん着ることができるようになったのでコスパもよくなったと感じています。

流行より自分のスタイルを大切に、それだけでお金のかかり方が全く違ってくると感じますね。

おしゃれにお金をかけるのもよし、蓄財に励むのも良し

とはいえ、おしゃれにお金をかける生活を否定するつもりはありません。

それもまた人生の楽しみ方の1つ、価値観の1つだと思うからです。

実際私も10~20代のころは半端なくアパレルにお金をかけていました。

でも今は蓄財する方が圧倒的に楽しいので、服に重きを置いていないだけですね。

どちらがいいということではなく、どういう目的をもって生活しているかの違いだと思います。

節約したいと思っている方には、服を買わない生活もおすすめですよ。





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひびとい

30代前半、夫婦でセミリタイア|2022年~猫をお迎え| ブログ収入をメインにサイドFIREを達成。3度のご飯と同じくらいブログ運営が大好き|1つのサイトの最高月間ページビューは193万PV、最高月収は166万円| 私が実践したブログ運営の方法、家計管理、猫との暮らしについて発信| 子育てを中心に、スキマ時間に趣味のブログ運営をしてのんびり暮らしています。

-お金を貯める

© 2022 ひびとい Powered by AFFINGER5