セミリタイア 人生論・私の考え方

【30代、運転辞めました】公共交通機関の楽さを知ったら戻れない

【運転辞めました】公共交通機関の楽さを知ったら戻れない

こんにちは、ひびといです。

我が家は30代で夫婦でセミリタイアをしたわけですが、私はここ最近ついに運転自体を辞めました。

1年ほど前に車を手放したのですが、その結果運転する機会も減り、いよいよ免許を自主返納しても問題ないのでは?というレベルになってしまいました。

乗ろうと思えば実家の車があるのですが、「もう運転しない」と決めることで精神的にもかなり楽になりました。

辞めてよかったメリット・デメリットもまとめてみたのでご紹介したいと思います。

車の運転を辞めました

車の運転を辞める・辞めた」と聞くと高齢者の方を想像するかもしれませんが、私はまだ30代です。

高齢の方から見たらまだ若い部類に入ると思いますが、ついに運転することを辞めてしまいました。

そもそも私は車の運転が好きではありません。

もともと運転が上手ではないので苦手意識もあり、

ひびとい
いつか大きな事故を起こしてしまうのでは・・・

というが心配がいつも頭の中から離れませんでした。

それが運転する際にとてもストレスになっていて、特に子供が生まれてからは

ひびとい
この子たちに何かあったらどうしよう・・

という不安や、運転中子供のことでイライラしてしまうこともありますます運転嫌いに。

そこで1年前車を手放したのをきっかけに、「運転せずにどこまでやれるか」という謎の挑戦を始めました。

車がなくてもどうにかなる

まず子供が小さいと車がないととても不便に感じる方が多いと思いますが、幸い交通機関の便の良い場所に住んでいるためこの1年特に不便さは感じませんでした。

子供の幼稚園も歩いて行ける距離のところにしていたので、何かあれば歩いて行けば大丈夫。

買い物は少し大変な時もありますが、重いものはネットスーパーやAmazonを活用すれば意外と大丈夫でした。

後は夫の実家がかなり山奥で車がないといけない場所にあるのですが、電車で最寄り駅まで行き、そこまで迎えに来てもらうというスタイルに変えました。
義実家の協力なくしては成り立たないのですが、ありがたいことに快く引き受けてくれています。

それでも時々実家の車を借りて運転することがあったのですが、

ひびとい
もうなくてもいけるのでは?

と思ったのできっぱり運転を辞めました。

結果、私にとってはストレスを抱えて運転するよりも公共交通機関や自分の脚を使った方が精神的も楽ということに気づいたというわけです。

運転を辞めるメリット

ではどんなメリットがあったかというと以下になります。

  • 事故を起こす心配がなくなり、精神的にとても楽になった
  • 歩いて行けるところはすべて歩いて行くようになったので痩せた
  • 公共交通機関の活用にかなり詳しくなった
  • 子供たちが色々な経験を出来るようになった

まず、精神的にものすごく楽になりました。

自分が事故を起こす可能性がほぼ0になったわけですから、これまで抱えていた運転に関するストレスが皆無になりました。

また歩いて1時間以内の場所なら徒歩で行くようになったので、歩く距離が増えて友人や家族に「痩せたんじゃない?」と聞かれることが多くなりました。

実際に測ってみると3キロほど痩せていたので、確実に歩くようになったおかげだと思います。

他にも、自治体の公共交通機関などにとても詳しくなりました。

中には

ひびとい
こんなにお得なバスがあったの~?もっと早く活用すればよかった!

というものもあり、今では子供の習い事の送迎に活用しています。

便利な行政サービスも必要としていない時って意外と気づかないもので、必要に迫られるとその時々に自分が求めるものが見つかるんですよね。

後は意外だったのがバスや電車、歩いて目的の場所に向かうことが子供たちにとても好評だったという点です。

車を持っていたころはほぼ移動は車メインでしたが、今は子供たちも自分の力で目的の場所まで行かなくてはいけません。

これまであまり乗ったことがなかったバスや電車はとても楽しいようで、

歩いて行くと車だと気づかなかったことに気づけるから楽しいね!

と言っています。

バスでも時刻さえ注意すれば寄り道もかなりできるので、駄菓子屋さんや公園を発見したり、猫に会ったりすることが楽しいようです。

デメリット

ただデメリットもやはりあります。

車だと自分の好きな時間に好きな場所に行くことができますが、バスや電車は使う場合時刻が決められていますよね。

その時刻に合わせて行動しなくてはいけないので、どうしても間に合わない時や帰りが遅くなる時があります。

今年を例に挙げてみると、時間割の関係でバスだと習い事に間に合わなくなってしまったのは痛手でした。

あとは子供が小さいとどうしても時間通りに動くことが難しいときがあるので、予定通りに事が進まない時があるという点はデメリットだと思います。

とはいえそれらを差し引いても圧倒的にメリットの方が大きかったです。

これは運転を辞めるという挑戦をしなければ気づかなかったと思うので、挑戦してよかったですね。

免許を返納しようか正直悩む

まだ30代ではありますが、正直本音はもう免許を返納したいです。

ただ高齢者の方ならともかく、この年齢だと自主返納するメリットがあんまりないんですよね。

更新の手間と費用が掛からなくなるというのはメリットだと思いますが、調べてみると自治体のバスの料金が半額になるくらいでした。

結構バスは活用するので大きいといえばそうなのですが、もしもの時に運転する機会がないとも言えないと考えると持っておいた方がいいのかなぁと。

「もしもの時」って何?とも思いますが・・。

もしもの時はタクシーがありますしね。

高齢者の方限定のタクシー割引特典の年齢制限がなくなったら考えてもいいかな~とも思っています。

以上「運転辞めました」というお話でした。





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ひびとい

30代前半、夫婦でセミリタイア|2022年~猫をお迎え| ブログ収入をメインにサイドFIREを達成。3度のご飯と同じくらいブログ運営が大好き|1つのサイトの最高月間ページビューは193万PV、最高月収は166万円| 私が実践したブログ運営の方法、家計管理、猫との暮らしについて発信| 子育てを中心に、スキマ時間に趣味のブログ運営をしてのんびり暮らしています。

-セミリタイア, 人生論・私の考え方

© 2022 ひびとい Powered by AFFINGER5